日本生殖看護学会

学術集会長挨拶

 令和6年能登半島地震によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 皆様の安全と被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 この度、第22回日本生殖看護学会学術集会を、2024年9月22日(日)に前橋市の昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)で開催いたします。
 今回の学術集会は、メインテーマを「生殖看護におけるダイバーシティ&インクルージョン」とし、サブテーマを“多様化する家族形成を考える”としました。
 国内では、不妊に悩むカップルが増加し、2020年は全出生児の11人にひとりが生殖補助医療で誕生しました。その一方で、総治療周期に対する出生児は2割未満のため、期待に反して生児を得ることが容易でなく、遺伝的につながりのある子を望み、限界まで治療を重ねるカップルが少なくありません。
 最近は、カップルのどちらかに配偶子がない、又は加齢などで自己の卵子で妊娠が難しい場合に、第三者の卵子(精子)で妊娠を試みるカップルが増えつつあります。また、同性カップルの出産など、さまざまな家族のかたちがSNSやメディアを通じて発信されるようになりました。

 近年、日本ではダイバーシティ(多様性)&インクルージョン(包摂)の啓発活動が教育の場や企業等で盛んにおこなわれています。生殖医療においても、カップルの多様な価値観・選択は尊重されてよいと思いますが、生殖医療は治療の先に子どもが誕生するという特徴があるため、カップルの意思決定は生殖の側面にとどまらず、母体・胎児の健康や、生まれてきた子の福祉・権利などともかかわります。
 本学術集会では、‘生殖技術と親になること’について改めて考え、新しい生殖技術で子どもをもつこと、生まれてきた子に必要な支援など、新たな知識や情報、課題を共有したいと思います。
 多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第22回日本生殖看護学会学術集会
 学術集会長 林 はるみ(群馬大学)

会期

9:00 受付開始
9:30 開会
参加登録はこちら
オンデマンド配信
| 視聴はこちら
事務局
maps_home_work 住所
〒371-8510 群馬県前橋市荒牧町4-2

第22回日本生殖看護学会学術集会事務局
群馬大学ダイバーシティ推進センター
お問い合わせはこちら